読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるっと京都 de スローライフ

スローライフを実践している私の雑記ブログ!

「はてなブログ初心者」の私が参考にしたブログと「はてなブログ」の使い心地とは?

「はてなブログ」を 選んだ理由 私はもともと、別のブログで書いていましたが、何となく自分にはしっくりこないと感じていました。 例えば、デザイン。何でかわかりませんが使いにくくて…。また書いている途中、不注意で何回か消してしまったことがありまし…

「水辺の景色に心が癒されていく」 それって人間の本能なのか?

京都の町は周りを山に囲まれているせいか、何となく狭くるしく、息苦しいと感じてしまうことがあります。 人間関係にもかなり神経を使わなくてはならないので、ストレスを感じることが多いですね。 そんな時、私の心を癒してくれるのは「水辺の景色」です。 …

先斗町歌舞練場『鴨川をどり』で楽しむ京都の雅!

私は京都に住んでいますが、一度も『鴨川をどり』を観たことがありませんでした。 たまたま招待券を頂いたので、今年5月先斗町の歌舞練場に見に行きました。 前回、先斗町について少し書いたので、今回は私の『鴨川をどり』初体験について書いてみます。 朝…

京都の街並みを楽しむ~鴨川から先斗町へ~

“ファッションビルやオフィスビルが立ち並ぶ都会でありながら、すぐ隣に自然がある” そんな京都の街は、訪れる人の心を落ち着かせてくれます。 たくさんのお寺や神社と同じくらい、自然と調和した街並みが私は好きです。 たまにはゆっくりと歩いてみるのも楽…

毎日を楽しく暮らすために“好き”を増やす!

“生活をスローダウンして、心をリラックスさせ穏やかに暮らす” 私はそれを心がけ実践し始めてから、少しづつ変化が現れはじめました。 「スローライフ」で手に入れたもの しなければならないことに優先順位をつけ、今していることに集中すること 物事をゆっ…

捨てられない女>シンプルライフ>ミニマリスト 終着点はどこになるかやってみた!

生活を見つめ直してみて気がついたことは、リラックスして穏やかに暮らすには、まず住環境を整えることが大切だということです。 家の中に物があふれかえってごちゃごちゃしていたら、なかなかゆったりとした気持ちにはなれませんよね。 世間はミニマリスト…

「スローライフ」と「秘書業務」の意外な共通点!

私は、以前秘書をしていました。 エクナット・イーシュワランの著書『スローライフでいこうーゆったり暮らす8つの方法』を読んだとき、気がついたことがありました。 それは、「スローライフ」と「秘書業務」には共通点があるということです。 秘書は世話係…

「京都広沢の池をのんびりと眺めて平安の昔をしのぶ」とっておきのリラックスタイム

京都市右京区にある嵯峨の地は、古くは平安貴族の別荘地でした。 観月の名所としても知られている“広沢の池”は、初秋の美しい季節を迎えようとしています。 月の名所としての広沢の池 平安貴族に愛されたこの地は、「月の名所」として度々和歌に詠まれてきま…

生活をスローダウンさせたら、心が歌いだした!

一冊の本との出会い 京都 広沢の池 毎日忙しく、バタバタとした生活を送っていると、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていきます。自覚していなくても、心は疲れているんですね。 私は、体調を崩したり、事故で車を廃車にしなければならなかった頃、一…

「車なし生活」をしてみて京都の公共交通について感じたこと

一年半の「車なし生活」を通して、私はいろいろなことを実感しました。 社会に目を向ける、いいきっかけにもなったと思います。 なかでも環境問題に、関心を持つようになりました。 京都を走る「くまモン電車」 これは、四条大宮~嵐山間を走る「京福電車」…

「車なし生活」を一年半続けてみて感じたこと

事故で車を廃車にしてから約一年半、車なしの生活をしています。 初めての試みでしたが、いろいろと感じたことがあったので書いてみたいと思います。 経済的にはかなりお得? 車のある生活をしていた一年半前までは、毎月のガソリン代や税金だけで10万円く…

「京都の生活」でストレスがたまる3つの理由

ご存知のように、京都は日本だけでなく世界中から、多くの観光客が訪れる街です。 でも、住んでみなければわからないことが、実は沢山あるんですよ。 「京都で生活する」ことは、ホントはとってもストレスがたまることです。 それにはいくつかの理由があるの…

初めてのブログ~スローライフでゆるっと生きる~

はじめまして!京都在住の池野あひるです。 スローライフを実践して、そろそろ一年半になります。 いつの間にか、自然体でゆったりと過ごせるようになってきた気がします。 スローライフとはどういうもので、どうして私がそれを実践しようと思ったのか、また…