ゆるっと京都 de スローライフ

スローライフを実践している私の雑記ブログ!

京都嵯峨野 田んぼの景色に郷愁を感じるのは何故だろう?

【スポンサーリンク】

田園の景色の心地よさ 

f:id:yuluttoKyoto:20170609153144j:plain

6月の嵯峨野は田植えも終わり、どこか平和でのんびりとしています。 

鏡のように澄んだ水田。青々と育つ稲。せせらぎの音。鳥の鳴き声。

どこかから、昔の唱歌が聞こえてきそうな(笑)そんな風情です。

水田を渡る風が気持ちいい! 

f:id:yuluttoKyoto:20170609153023j:plain

西山へと、だんだん陽は傾いていきます。

保存地区ならではの、無駄のない景観。

立派なカメラを構えた人が、何人も来られていました。

 

 

西山を望む 

f:id:yuluttoKyoto:20170609153056j:plain

西の方(写真の左側)に見えるのは、京都府北嵯峨高校

以前高校野球で甲子園に出たことがありますが、最近は私学に押されっぱなしです。

いつもは部活練習中の高校生の声が聞こえてくるのですが、日曜日とあってとても静かでした。

 

緑に囲まれて広々とした田園の風景。

ゆったりと満たされた水が、ゆっくりと流れていく様子に、自分の心も知らず知らずのうちにスローダウンしていきます。 

 

“自然が人をストレスから解放し、リラックスへと導いてくれる”ということを、あらためて感じさせてもらいました。

 

 

田園の景色に郷愁を感じるのは何故か  

f:id:yuluttoKyoto:20170609153213j:plain

農家で育ったわけでもないし、田んぼの近くに住んでいたわけでもないのに、この景色に郷愁を覚えるのは何故なんでしょうか?

 

農耕民族だった名残?

自給自足が人間の営みの基本だと教わってきたから?

 

里山が次々と姿を消し、それと同時に失ってしまった自然。

私達は失って初めて、その大切さに気づかされました。

 

里山の生活は、人と自然そして生物が調和して成り立つものです。

作物や必要なものを作り、必要のなくなったものは自然に帰す。

リサイクルの知恵が生かされた、質素で無駄のない、それでいて豊かな生活。

そこに流れる時間は、四季や自然と共にゆったりと流れていたはずです。

 

今の私たちは、忙しすぎて余裕のない生活を送るうちに、ストレスをため込んで疲れてしまっています。

 

ゆったりとした里山や田園風景への郷愁は、懐かしさだけではなく“憧れ”なのかも知れませんね。

f:id:yuluttoKyoto:20170609152953j:plain

嵯峨野地区には、こんな茅葺の民家がまだ残っています。

 

のどかで心癒される日本の原風景。

いつまでも変わらず残していきたいと思いますね。 

 

 

 

関連記事 

yuluttokyoto.hatenablog.jp

yuluttokyoto.hatenablog.jp 

yuluttokyoto.hatenablog.jp

 

 

よろしければお願いします!

にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

 

広告を非表示にする