ゆるっと京都 de スローライフ

日々の気づきを発信している雑記ブログ!

自由で遊び心いっぱいの京都駅で光と空を楽しむ!

【スポンサーリンク】

電車の時間より、30分以上も早く着いてしまった午前9時の京都駅。

伊勢丹もまだ開いていないし、30分というのは少し中途半端な時間です。

「そうだ京都駅を見て回ろう!」

ここの建築が大好きな私は、“京都駅”を楽しむことにしました。

 

京都駅散策 

f:id:yuluttoKyoto:20170627153102j:plain

朝の通勤通学ラッシュが一段落した、平日のこの時間。

割とのんびりとした雰囲気です。

それにしても京都駅は、いつ見ても面白い構造ですね。

とても魅力的です。

 

光の差し込むアトリウム

f:id:yuluttoKyoto:20170627153130j:plain

朝の柔らかい光が差し込んで、コンコース全体が優しい表情です。

この位置からだと、カフェのお客さんがずいぶん下に見えますね。

外国人観光客から見ても、この駅は面白いと思うのでしょうか?

あちこちカメラを向けている方が多いです。

 

格子の中のビル 

f:id:yuluttoKyoto:20170627153154j:plain

正面に京都タワーのビルが見えます。写真の右上にある、お椀のようなものの上がタワーです(笑)

格子越しに塩小路通のビルを眺めるのは、面白い趣向かも?

平安京時代の坊城制(碁盤の目)を取り入れているそうです。

こうやって眺めてみると、本当に“門”のようですね。

 

空へと続いていく解放感

f:id:yuluttoKyoto:20170627153210j:plain

何といってもこの駅の面白さは、空へと続いていくこの大階段です。

まるで天へと昇っていくみたい!

 

デパートが開いていないこの時間は、まだ人影はまばら。

でもイベントがある時は、この階段が劇場の椅子になります。

人がぎっしり座っている様子は、見ているだけで楽しくなりますね。

 

無機質なアトリウムが光の空間に 

f:id:yuluttoKyoto:20170627153232j:plain

さっきの大階段とは180度反対側。ホテルグランヴィア京都側です。

東から差し込む光が、駅のアトリウムを優しく包んでいます。

 

無機質な鉄骨の天井が、優しい表情を見せてくれるこの時間の京都駅。

この後、時間の変化と共に様々な表情に変化していきます。

クロード・モネの 「睡蓮」や「ルーアン大聖堂」の連作を思い出してしまうような、美しい光の移ろい。

時間だけではなく、季節や天気によってもまったく違う表情を見せてくれます。

 

私は、京都駅に何度足を運んだのでしょう? 

考えてみれば何十回、いや何百回…。

それでも飽きることなく、来るたびになんだか楽しげな気分になります。

おかけで、中途半端な待ち時間が、とても楽しい遊び時間に変わりました(笑)

 

気がつけばあっという間に時間が過ぎて、満たされた気分を胸に電車のホームに向かいました。

 

 

関連記事 

yuluttokyoto.hatenablog.jp

 

 

よろしければお願いします!

にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

 

広告を非表示にする