ゆるっと京都 de スローライフ

日々の気づきを発信している雑記ブログ!

80年代に人気だった音楽♬

【スポンサーリンク】

80年代に学生だった私たちの間で人気のあった音楽はといえば、真っ先に何が浮かぶでしょうか?

80年代には、演歌や歌謡曲、フォーク、ニューミュージック、洋楽など、多種多様な音楽が溢れていました。  

70年代から受け継いだ音楽の花が、次々と咲き始めたのが80年代だったのではないかと思います。

 

f:id:yuluttoKyoto:20200730152813p:plain

80年代はアイドルの全盛期

その中で忘れてはならないのが、80年代アイドルの存在です。

1980年に、キャンディーズに続いて、山口百恵、ピンクレディといった70年代を代表するアイドルたちが次々と引退や解散をし、アイドルの大転換期が訪れました。

そして入れ替わるように台頭したのが松田聖子です。

彼女は美声を生かした歌唱力と可愛らしさで、瞬く間にトップアイドルに名乗り出ました。

街にも芸能界にも「聖子ちゃんカット」の真似をした女の子がたくさんいましたよね。(笑)

「ぶりっ子」という言葉も流行しました。

彼女の髪型やメイクはものすごい影響力でしたね。

 

そして河合奈保子、柏原芳恵、松本伊代が続いてデビュー。

さらに花の82年組と呼ばれた中森明菜、小泉今日子、堀ちえみ、早見優、石川秀美、三田寛子などがデビューしました。

そうそうたる面々ですよね。

今もほとんどみんな残っています。

他には角川映画で人気だった薬師丸ひろ子、原田知世。

ドラマから人気になった中山美穂、南野陽子、浅香唯。

そしてその他にも荻野目洋子、岡田有希子、斉藤由貴、菊池桃子、本田美奈子、おニャン子クラブ、西村知美、酒井法子、森高千里、Wink、西田ひかる、宮沢りえなどがいました。

 

アイドルの人気推移

やっぱり、聖子か明菜か?っていう感じで人気を二分していました。

私は聖子派でしたね(笑)

今でも二人のヒット曲はほとんど歌えます。  

でも振り返ってみれば、松田聖子はスキャンダルを力に替えるだけの強さがあったけど、中森明菜は弱かったのかなっていう感じでしょうか。

そしてまず、松田聖子の結婚と出産が、アイドル人気の流れを変えたようです。

さらに聖子、明菜のスキャンダルで、人気アイドルは下の世代へと移り変わっていきました。  

 

特におニャン子クラブの勢いはすごかったですね。

今のAKBの前身ような感じでしたね。

普通の高校生から次々とアイドルが生まれていきました。

 

80年代の人気男性アイドルは?

なぜか当時の私は男性のアイドルにあまり興味が無く、女性のアイドルの方が好きでした。

ファッションやメイクの参考にするだけでなく、彼女らの生み出していく流行にいつも興味を持っていましたね。

ちょうど年齢的に同世代だったからかも知れませんが、「男性アイドルなんてガキっぽい!」とか思っていました(笑)

私の周りもそんな感じだったように思いますね。

 

でも80年代は男性アイドルも大人気でした。

“金八先生”から人気になった、たのきんトリオこと田原俊彦、近藤真彦、野村義男。

“仙八先生”から、シブがき隊こと薬丸裕英、布川敏和、本木雅弘。

“スクールウォーズ”の松村雄基。

“太陽にほえろ”の渡辺徹。

沖田浩之、風見慎吾、吉川晃司…。

 

そして忘れてはならないのが、藤井フミヤがボーカルを務めたチェッカーズ。

デビュー当時から、とびぬけて上手かった記憶がありますね。

当時としてはちょっと奇抜な髪型やファッションも話題でした。

 

ジャニーズからは少年隊、光GENJI、男闘呼組。

 

ただ80年代のアイドルは10代20代がほとんどでした。

今のように30代40代でアイドルというのは、タレントとしては中途半端なようにも思います。

演技も歌もダンスも本職にはかなわないかも?

 

それにしても80年アイドルについて私がすごいと思うのは、そのほとんどが今も現役で活躍していることですね!

同世代としてとても励みになります。

これからも体に気をつけて頑張っていってほしいものです。

 

関連記事 

 

yuluttokyoto.hatenablog.jp

 

yuluttokyoto.hatenablog.jp

 

 

よろしければお願いします!

にほんブログ村 


人気ブログランキングへ